スポンサードリンク

スポンサードリンク

2009年01月25日

動脈硬化と水素水

皆さんは、私のブログを見ていた抱けたとお思いますが、動脈硬化は様々な、病気を引き起こし最後には最悪の事態に陥る事がわかったいると思います。
食事など、結局体に良いものを取り入れ、運動をするなどしか、動脈硬化を軽減する方法はありません。
しかし、このほど、人の体を酸化(老化)させる大変わるーい活性酸素
を、やっつけてくれる作用のある、活性水素水というものが発表されたようで、私も早速調べてみました。
もちろん、研究者の方の発表など、物凄く理にかなうものばかりでした。
高濃度活性水素水、これが、一番のお勧めのようでした。
巷には、水素水は沢山あるのですが。

ちなみに、動脈硬化を抑えるだけでなく、簡単に言うと体内を若返らせる作用があるようです。

試してみるものいいのではないでしょうか?
水の元素300ml 30本入【キキメ研究所 キキラボ】水の元素300ml 30本入
10,500円

製薬会社がつくった高品質水素水“水の元素”30本入
Ads by 電脳卸
posted by doumyaku at 13:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月13日

動脈硬化の検査

動脈硬化は特に自覚症状がありません。自分自身は知らないうちに身体の中で密かに進行しているのです。
動脈硬化を発見また進行状況を知るにはいくつかの検査方法があります。
1・血圧測定
  普通血圧検査は片方の腕しかしませんが、両腕の血圧を測定しどちらかの血圧に10mmHg以上の差が生じていれば、どちらか片方の血管で狭窄(きょうさく)が起きている可能性があります。

2・眼底検査
  目の奥の部分には網膜があり、人間の身体の中で唯一血管が直接見る事が出来る部分です、そこで血管に異常が無いか検査することが出来ます。

3・CT検査・MRI検査
  今では一般的ですが、動脈の状態を画像にし確認をします。

脳神経外科などに行けば的確な診断を受けることが出来ます。
検診などで少しでも以上が感じられればきちんとした検査を受けることを強くお勧めいたします。
私の知り合いは、一度、倒れて検査をし、医師より注意を受けていたにもかかわらず、注意を守らずに二度目倒れて帰らぬ人となりました。
本当に重い病気なので、気軽に検診をうけましょう。
ラベル:動脈硬化
posted by doumyaku at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 動脈硬化>動脈硬化とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Copyright @ 2009 動脈硬化予防ノート all right reserved.

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。